ワードプレス

アフィリエイトブログに最低限入れておくべき【WordPressのプラグイン13選】

ジャス㌧

本記事では、ワードプレスでブログを作る上で、最低限入れておくべきプラグインについて解説しているとん

前回は、ワードプレスでブログを作る上で、オススメのテーマについて記事にしました。

ブログ収益化にオススメのワードプレステーマ8選 無料・有料どっちがいいの?初心者の方がブログを収益化する際にオススメのワードプレステーマをまとめました。有料・無料の違いや注意点をわかりやすく解説しています。...

ワードプレスでブログを構築する上で、まずはテーマを決める必要がありますので、まだテーマを決めていない方は、テーマから決めましょう。

そして、テーマが決まったあとは、ワードプレスにプラグインを入れていきます。

プラグインを入れてブログ構築の準備が出来たら、いよいよ記事をどんどん書いていくフェーズに入りますので、頑張って乗り越えましょう。

ワードプレスのプラグインとは?

ジャス㌧

プラグインってなんだぷう?

プラグインはワードプレスにない機能を追加する機能

以前の記事で、ワードプレスでブログを構築するという意味について解説しました。

サーバー=土地
ドメイン=住所
ワードプレス=家
テーマ=外装

と説明しましたが、今回登場するプラグインは、家具のようなものです。

プラグインにはそれぞれ便利な機能があって、それを追加することでブログはより使いやすくなっていきます。

稼いでいるアフィリエイターでプラグインを一つも入れていない人なんていませんので、最低限のプラグインは必ず入れておきましょう。

ただし、その際の注意点などもありますので、それについては後ほど解説しますね。

ジャス㌧

プラグインで機能を補えば無敵だとん!

プラグインを入れるとどんなことができるの?

プラグインは、元々ワードプレスやテーマに備わっていない機能を後から追加することができる機能です。

基本的に、プラグインを入れれば大抵のことはなんでも出来ます。

多くのユーザーが必要だと思った機能は、誰かがプラグインを開発して提供してくれています。

例えば、目次を簡単に作るプラグインや、サイトの表示時間を短縮するためのプラグイン、記事に装飾を加えるプラグインなど、様々な用途のものが存在しています。

欲しいと思った追加機能は、探せばだいたい見つかりますので、もしブログを運営していて、何か欲しい機能が出てきた場合、ぜひプラグインを探して追加してみましょう。

無料プラグインと有料プラグイン

プラグインはワードプレスの管理画面から検索をして簡単にインストール可能ですが、これもまた無料と有料のものが存在しています。

テーマの記事では、有料のテーマを使うことをどちらかというとオススメしていましたが、プラグインの場合は少し違います。

もちろん有料の方が機能が多いケースがありますが、プラグインの場合は無料プラグインで十分です。

実際、ジャストサーバーのブログも有料のプラグインは一切使っていません。

プラグインに関しては、無料のものでも便利なものが溢れていますので、まずは無料のものから揃えておきましょう。

ただ、稀に有料にアップグレードすると、さらに機能が増えるというプラグインがあります。

その場合、その機能は本当に必要なのかを考えてから、プラグインを導入するようにしましょう。

ジャス㌧

プラグインは無料で十分だとん

プラグインを導入する際の注意点

続いて、プラグインを導入する際の注意点について解説していきます。

プラグインは非常に便利な機能ではあるのですが、内部のプログラムに左右する機能が多く、最悪の場合バグが起きてブログが崩れてしまいます。

プラグインを入れることによってデメリットが生まれる可能性もありますので、まずは注意点を押さえておきましょう。

  • プラグインを入れすぎるとサイトが重くなる
  • 英語表記のプラグインが多い
  • 思わぬ機能が発生することがある
  • 相性が悪いとバグを起こす
  • 信頼性のないプラグインがある

プラグインを入れすぎるとサイトが重くなる

プラグインは確かに超便利な機能です。

探しているうちに、これも入れたい、あれも入れないというように、どんどんプラグインが増えていってしまいます。

そうなってくると、機能が多いブログになりますが、その弊害としてブログ全体が重くなります。

つまりサイトの表示時間が遅くなる可能性が高く、そうなってしまってはSEO的に不利になってしまいますので、本末転倒です。

なので、沢山入れたい気持ちはわかりますが、プラグインは極力少なくした方がいいです

これからオススメのプラグインを沢山紹介しますが、自分が必要だと思ったプラグインのみ入れましょう。

プラグイン設定は厳選しましょう!

英語表記のプラグインが多い

今はかなりマシになってきましたが、基本的にプラグインは英語表記のものが多いです。

プラグインの名前もそうですし、プラグインの設定項目も英語でしか書いていないものが多く、その点は初心者にとって辛いとは思います。

ただ、今はプラグインの操作方法を説明しているサイトは沢山ありますし、当ブログでも順次解説記事を追加していきますので、そちらを参考に設定を確実に進めていきましょう。

思わぬ機能が作動することがある

上記の英語表記でわかりづらいという問題に関連して、プラグイン固有の思わぬ機能が作動してしまうことが稀にあります。

それぞれのプラグインには、独自の設定項目が沢山あるのですが、余計な機能にチェックマークがついたまま、気づかずにいると、思わぬ機能が勝手に作動することもあります。

なので、プラグイン固有の設定項目については、それぞれどんな意味を持った項目なのかを慎重に調べてから設定するようにしましょう。

相性が悪いとバグを起こす

稀にですが、相性が悪いプラグインというものが存在します。

プラグイン同士の相性もありますし、プラグインとテーマの相性もあります。

機能がバッティングしていたり、真逆の効果を付け加えるプラグイン同士ですと、不具合を起こしやすい傾向にあります。

例えば、今使っているjinテーマは、All in one SEOというプラグインと相性が悪く、公式でも注意喚起がされています。

https://jin-theme.com/manual/plugin/

このように、メジャーなプラグインとの相性が悪く、不具合報告が沢山あるものについてはまだマシですが、マイナーなプラグインでは情報がない場合があります。

その際、バグの原因を探すのに一苦労してしまうシーンもあります。

一つずつプラグインを停止してみて、確認する作業など、たまに必要になりますので、できれば事前にバグの情報などを確認しておいた方が良いと思います。

信頼性のないプラグインがある

プラグインは基本的にどこの誰が作ったのか、分かりづらい部分があります。

ワードプレスの公式からインストールできるプラグインであれば、まだ信頼性は一定数ありますが、外部のサイトから直接ダウンロードするプラグインですと、セキュリティ的に不安があります。

また、利用者が少ないプラグインや更新が何年もされていないプラグインも信頼性が欠けます。

利用者が少ないと、その分不具合のフィードバックも少ないですし、使い方の解説記事もかなり少なく、苦労することがあります。

プラグインを選ぶ際は、なるべくインストール数が多く、更新日が最近のものを選ぶようにしましょう。

ジャス㌧

以上の点さえ注意しておけば問題ないとん

プラグインの導入方法

ジャス㌧

プラグインってどこから手に入れるんだぷう〜

次に、ワードプレスにプラグインを導入する方法について解説します。

今からオススメのプラグインを紹介しますが、それをどこからインストールすればいいのか、初心者はわからないと思います。

ですので、簡単に手順を解説しておきます。

まずはワードプレスの管理画面で、左メニューからプラグインを選択します。

その後上部の新規追加ボタンを押します。

次に、プラグインの検索ボックスに、探したいプラグインの名前を打ち込み検索をします。

そうすれば目的のプラグインが出てきますので、インストールをクリックします。

次に有効化を押せば、プラグインのインストールが完了です。

必須のワードプレスプラグイン

さて、いよいよオススメのプラグインについて紹介していきます。

まずは、ワードプレスでブログを運営する上で、必須と言っていいほどのプラグインから紹介しておきます。

これらのプラグインは、最初に入れておいて損はないでしょう。

利用者も多いプラグインですので、ぜひ導入してみてください。

Google XML Sitemaps

このプラグインは、グーグルサーチコンソールとブログを連動する際に必須のプラグインになります。

サイトマップというデータをグーグルの検索エンジンに送信することによって、ブログが検索エンジンにインデックスされやすくなります。

クローラーの巡回をより良くするために、サーチコンソールのXML設定は、これからブログを運営していく上で必須ですので、必ずインストールし、設定とするようにしましょう。

詳しい設定方法についてはこちらの記事をご確認ください。

【SEO対策プラグイン】Google XML Sitemapsとは?設定方法を徹底解説ワードプレスプラグインのGoogle XML Sitemapsとは?設定方法や使い方について、初心者向けに解説しています。...

WebSub/PubSubHubbub

このプラグインは、Google XML Sitemapsに続いて、SEO対策で必須と言ってもいいプラグインになります。

WebSub/PubSubHubbubの役割は、グーグルやヤフーの検索エンジンに、ブログ記事更新のお知らせを素早く飛ばすという役割があります。

通常、新しく書いた記事がグーグルの検索に表示をされるには、クローラーが巡回してから、しばらく時間が経って表示されます。

特にトレンド系の記事の場合、なるべく早く検索に表示をさせたいですから、グーグルに認識される速度を上げたいわけです。

なので、このプラグインを導入し、いち早くクローラーが巡回するように促すことが重要になります。

少しでも早くインデックスされるように、このプラグインを入れてみましょう。

EWWW Image Optimizer

続いては、EWWW Image Optimizerです。

ジャス㌧

プラグインの名前は癖が強すぎて良くわからないぷう

プラグインは良くわからない名前のものが多いですが、このプラグインは、アップロードする画像の容量を自動で圧縮してくれるツールになります。

ブログを運営していく上では、多くの画像が必要になり、それをワードプレスにアップロードし、記事に反映させていきます。

その上で問題なのが、サイトの表示時間です。

基本的にサイトの表示時間は、記事の情報量が多いほど遅くなります。

テキストならまだしも、画像や動画ですと容量が大きいので、それによってどんどん読み込み速度が遅くなってしまいます。

ですので、アップする画像はなるべく軽いに越したことはないのです。

しかも、軽くしても画像が荒くならないようにしたいので、それを叶えてくれるこのプラグインは優秀です。

画像の鮮度を遅さずに、容量を自動で削減してくれますので、ブログ運営には必須でしょう。

しかも、過去にアップした画像まで一括で処理をしてくれますので、とても便利なツールなのでオススメします。

Autoptimize

続いては、Autoptimizeです。

このプラグインは、ワードプレス内部のプログラムをスッキリしてくれるツールです。

サイトの表示時間は、プログラムが複雑なほど遅くなります。

CSSなどのプログラム情報を、最適に整理してくれることによって、ページの読み込み速度の改善に貢献してくれます。

そういったプログラム的な操作は、素人ではなかなか難しい作業ですので、プラグイン一つで行ってくれるのは非常に便利です。

サイトを軽くしたい方は、ぜひ導入してみてください。

WP Super Cache

続いては、WP Super Cacheです。

このプラグインも同じく、サイトの表示を早くするために必要なツールです。

ワードプレスはPHPというプログラムでできているのですが、それをHTMLで読み込むことによって、処理を軽減し、サイト表示の速度を軽減するという仕組みです。

難しいことをいっても、初心者の方にはわからないと思いますので、とりあえず、読み込み速度を上げるプラグインと覚えておけばOKです。

収益化ブログにいれておきたいプラグイン

続いて、収益化ブログを運営する上で、入れておきたいプラグインについて紹介します。

必須とまで言えませんが、あった方がサイトの見栄え的に良いですし、運営していく上で便利になるプラグインになります。

これを入れているブログは沢山ありますので、もし自分のブログにも入れてみたいと思った場合、一度試してみてください。

Rich Table of Contents

Rich Table of Contentsはジャストサーバーのブログにも設置をしています。

このプラグインはお洒落な目次を誰でも簡単に設置できるプラグインになります。

目次の色やデザインを多数の組み合わせから選ぶことができ、よりブログをお洒落にすることができます。

目次があることによって、ユーザーに記事の内容が伝わりやすくなり、ユーザーの利便性が上がります。

スマホ表示では、左下に目次に戻るボタンも表示され、非常に便利な機能が満載です。

また、このプラグインはJINの開発者である羊さんが開発したプラグインですので、安心感もありますね。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsも同じく、ジャストサーバーのブログにも設定してあります。

このプラグインは、ブログの人気記事をサイドバーなどに表示することができるプラグインです。

人気が高い記事というのは、需要が高い記事ということになりますので、ユーザーにとって興味を惹かれやすい項目になります。

ほとんどのブログで、人気記事の項目はありますので、ブログを運営するのであれば、ぜひ入れておきたいプラグインですね。

Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.comは、ブログの統計情報やSNSへのシェアを自動で行うなど、ブログの運営を手助けしてくれるプラグインです。

ジェットパックを導入すれば、設定項目として、タイトル、メタディスクリプションの項目が表示され、簡単に設定可能になります。

ちなみに、メタディスプリクションについてはこちらの記事で解説しています。

また、かなり便利なのが、各SNSへの自動シェアです。

ブログ記事にアクセスを集めるためには、SNSでシェアをするのが基本ですが、それを自動で出来るという点が非常に便利ですので、ぜひ使ってみてください。

あると便利なプラグイン

続いて、ブログを運営する上で、あった方が便利なプラグインについてご紹介します。

目的によって必要だと感じた場合は、使ってみましょう。

Contact Form 7

Contact Form 7は、問い合わせフォームを簡単に設置することが出来るツールです。

フリー項目やラジオボタンでの選択肢など、簡単にフォームを作って、コピペだけでフォームを埋め込むことが可能になります。

ブログに問い合わせフォームを作りたい方はぜひ導入してみましょう。

導入方法はこちらをご覧ください。

Contact Form 7|基本設定+全14項目のカスタマイズ方法ワードプレスプラグインのContact Form 7とは?初心者向けに使い方や活用方法を解説します。...

Really Simple CAPTCHA

こちらのプラグインは、コンタクトフォームなどのセキュリティを上げるツールです。

こういった文字認証の項目をよく見かけますが、これを設置できるプラグインになります。

ワードプレスサイトにはスパムがよく届きますので、それを防止する上で、必要な方は導入しましょう。

Classic Editor

ここ最近ワードプレスをインストールした方は知らないと思いますが、少し前まで、ワードプレスの投稿編集画面は今と仕様が違いました。

人によっては、昔の方が使いやすい場合もあるため、昔の仕様に戻すためのプラグインが、Classic Editorになります。

ただ、流れ的に古い仕様はなくなっていくと思いますので、できれば新しい仕様に慣れることをオススメします。

Rinker

Rinkerは商品のアフィリエイトボタンを簡単に作成することのできるプラグインです。

アフィリエイターにとってかなり便利なツールです。

ブログ記事で、こんなボタンを見たことがありませんか?

このお洒落な商品リンクボタンを、Rinkerでは簡単に設置可能です。

物販アフィリエイトをする方にとっては必須のプラグインなので、欲しい場合は手に入れておきましょう。

WP User Avatar

WP User Avatarは、自分のプロフィール写真を簡単に設定することができるプラグインです。

コメント欄や記事を書いた人を表示する際に、自分のアイコンを設定できますので、非常に便利です。

プラグインの更新は忘れずに

最後に、プラグインは基本的に最初の一度だけ設定するのが基本ですが、更新作業は稀に行いましょう。

プラグインの一覧画面で、更新可能なプラグインについては、更新ボタンが出ていますので、それを1クリックするだけで更新ができます。

最新の機能が使えたり、不具合が解消されたりしますので、プラグインの更新はこまめに行っておくことをオススメします。

お次は、アナリティクスの設定を行いましょう。