ワードプレス

画像圧縮プラグイン|EWWW Image Optimizerの設定&活用方法

ジャス㌧

この記事では、EWWW Image Optimizerの使い方について解説しているとん

あなたはワードプレスの便利機能であるプラグインを活用できていますか?

収益化ブログにオススメのプラグインについては、こちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

さて今回の記事では、その中のEWWW Image Optimizerというプラグインに着目してその活用方法を解説していきます。

ブログを運用する上で入れておいて損はなく、ほぼ必須と言っても過言ではないプラグインですので、この機会に使い方をマスターしていきましょう。

EWWW Image Optimizerとは?

ジャス㌧

EWWW Image Optimizerはどんなプラグインなんだぷう?

EWWW Image Optimizerとはワードプレスにアップロードされた画像を圧縮するためのプラグインになります。

通常、画像を圧縮するためには、専用のソフトを別で用意してそちらを通さなくてはいけないのですが、EWWW Image Optimizerがあればその手間が不要になります。

EWWW Image Optimizerで出来ること

まずこのプラグインで出来ることは主にこちらになります。

  • すでにアップロードされている画像の圧縮
  • 新規でアップロードする画像の圧縮

EWWW Image Optimizerは画像の圧縮プラグインですので、機能は非常にシンプルです。

手動で一つ一つ画像を処理せずとも、過去にアップロードされた画像は全て自動で圧縮することが可能です
もしすでにブログを運営していて、画像を複数アップロードしている場合でも安心ですね。

そしてもちろん、新規でアップロードする画像も全て自動で圧縮できます。

設定方法も非常にシンプルで、最初に設定してしまえばあとは何もしなくてOK。

初心者にとってもかなり簡単なプラグインですので、安心してこの先の作業を行なっていきましょう。

EWWW Image Optimizerのメリット

EWWW Image Optimizerを使うメリットは以下の通りになります。

  • 過去の画像も圧縮出来る
  • 新規の画像を自動で圧縮可能
  • 信頼性のあるプラグイン
  • 無料
  • サイトの表示時間が早くなる

一番はやはり先ほど記載したように、過去にアップロードした画像の一括圧縮や新規でアップした際の自動圧縮が出来る点でしょう。

手間いらずなところが一番素晴らしいですね。

またプラグインにおいて重要な信頼性の部分についてもクリアしています。

プラグインは主にインストール数や最近の更新数で信頼性を計れますが、EWWW Image Optimizerは問題なく運営されていることがわかります。

更に、画像を圧縮することでサイトの表示時間が早くなるのがこのプラグインの醍醐味だと思います。

画像圧縮の必要性

昨今のインターネット環境は、4Gの普及により昔より遥かに早くなっています。
近々5G通信も普及していくと思いますので、ユーザーのネット環境はかなりよくなっていくでしょう。

しかし、それでもサイトの容量が多いと読み混みに時間がかかる場合があります。

サイトの表示速度について原因となる要素はたくさんありますが、その代表例が画像サイズです。

記事に表示する画像のサイズが大きければ大きいほど読み込みに時間がかかってしまい、結果的に記事の表示速度が遅くなってしまいます。

そうなると最悪の場合、ユーザーが待てずにサイトを閉じてしまって直帰率が上がってしまいます。

直帰率が上がると結果的にSEOの評価が下がってしまい、ブログのアクセスが落ちてしまうでしょう。

それを避けるために、画像を圧縮することは非常に重要と言えます。

EWWW Image Optimizerは、特に理由がなければ必須と言ってもいいプラグインです。

ジャス㌧

画像の圧縮プラグインは必ずいれておくとん!

ちなみに、こちらの記事ではサイトの表示速度を上げるための施策について解説していますので、参考にしてみてください。

プラグインのインストール方法

それでは、EWWW Image Optimizerのインストール方法について解説していきます。

プラグインのインストール方法は基本的に同じですが、初心者向けに念の為解説していこうと思います。

まずは、ワードプレスの左メニューからプラグインを選択します。

そして上の新規追加をクリックしましょう。

続いては、右上の検索窓に、EWWW Image Optimizerと入力してプラグインを検索します。

検索結果が表示されますので、今すぐインストールをクリックしてインストールしましょう。

しばらくするとボタンが有効化という表示に変わりますので、クリックします。

これでインストールが完了しました。
続いて初期設定を行なっていきましょう。

ジャス㌧

プラグインのインストール方法は覚えておくとん

EWWW Image Optimizerの設定方法

ジャス㌧

EWWW Image Optimizerはどうやって設定するんだぷう

プラグインの中には設定方法が難しいものもありますが、EWWW Image Optimizerはかなり簡単な方なのでご安心ください。

一部英語の表記はありますが、その点も翻訳しつつ解説していきますので、初心者の方はゆっくりついてきてくださいね。

まずは、左メニューの設定から、EWWW Image Optimizerを選択しましょう。

するとこのような設定画面が表示されます。

この画面がEWWW Image Optimizerの基本的な設定画面になりますので、まずはメニューから紹介します。

  • ベーシック
  • イージーモード
  • 上級者向け
  • リサイズ
  • 変換
  • WebP

EWWW Image Optimizerの設定はシンプルですので、基本的な設定方法だけでしたら、ベーシックのみで問題ありません。

ベーシック

まずは基本設定であるベーシックから見ていきましょう。

重要なポイントは1つで、「メタデータを削除」という項目にチェックが入っていれば、基本的にはOKです。

メタデータとは、画像に含まれている目に見えない情報を指しています。

例えば、画像の撮影日時や場所などはブログには不必要ですので、この情報を削除することによって画像データをより圧縮することが可能になります。

ですので、この項目は必ずチェックをいれておきましょう。

Optimization API Keyという箇所はかなり上級者向けですので、基本的には気にする必要はないでしょう。

JPG,PNG,GIF,PDFの最適化レベルについては、デフォルトのままでOKです。

何か理由がある場合、無圧縮を選択することによってその形式の画像だけ圧縮をしないという設定も可能です。

特に利用シーンはないと思いますが、念の為覚えておくと便利かもしれませんね。

イージーモード

続いてのイージーモードですが、こちらは特に重要な設定はありませんので、デフォルトのままでも良いと思います。

Easy IDという項目についてはプレミア版のみで対応している機能のようです。

プレミア版は有料ですが、有料にするとプレミア圧縮という機能が使えます。

ただ、有料版を使っている人はあまり見かけませんので、相当重い画像をたくさん使う人以外は特にアップグレードする必要はないと思います。

また、その下の「遅延読み込み」については設定しておいても良いかもしれません。

遅延読み込みとは、該当の画像までスクロールする直前に画像を読み込むため、そのページを開いた時の読み込みデータ量を削減できる仕組みになります。

他のプラグインでも代用は可能ですが、ここで設定しておいても問題ないと思います。

上級者向け

続いては上級者向けという設定項目です。

この項目についても特に重要な設定はありません。

ただ、設定してみても良いと思うのは、「JPG品質レベル」という項目です。

この項目では、1~100の範囲でJPG画像の品質レベルを決定することができます。

ちなみに、ワードプレスの標準は82のようです。
それを基準に画像をどれくらいの品質に落とすのかを数値で決定することが可能です。

ただ、あまり下げすぎると流石に画質も悪くなってしまいますので、色々な数字を試しながら最適な品質を探してみると良いと思います。

リサイズ

続いてはリサイズという項目についてです。

こちらの項目では、画像の容量というよりも画像の縦横のサイズを調整する項目になります。

使用するとしたら、画像のリサイズという項目でしょう。

この項目で設定したサイズに画像が自動でリサイズされますので、使いようによっては便利です。

ブログに使用する画像の大きさを全て統一している方にとっては良い機能ですが、現実的に使うシーンはあまりないでしょう。

そのほかの項目についても、普通にブログを運営している上では使うシチュエーションはないので、覚えておく必要はないかと思います。

変換

続いては変換の項目です。

この項目では、画像変換についての設定が可能です。

オリジナル画像を削除という項目では、変換前の画像を保存するか保存しないかを選択できます。

念の為残しておきたい場合は、チェックをいれない方が良いでしょう。

またその下に、JPGをPNGに変換、PNGをJPGに変換という項目がありますが、ここはその名の通り自動で画像の拡張子を変換できる項目になります。

画像形式についてこだわりがある方は、この項目にチェックをいれておくだけで自動で変換できるので、非常に便利だと思います。

WebP

最後にWebPという項目について解説します。

WebPとは、グーグルが開発した次世代画像フォーマットです。

従来のJPGやPNGよりも圧縮性が高く、容量を一気に削減できるフォーマットです。

全ての画像をWebPにすれば相当な容量を削減できるのですが、WebPにはデメリットがあります。

それは、対応していないブラウザがあるという点です。

今現在WebPに対応しているブラウザはこちら

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Microsoft edge

多くのiPhoneユーザーが使用しているSafariに未対応であり、WebPを使用するためには、非対応のブラウザにも表示させるための特殊な設定が必要になります。

ただ、EWWW Image Optimizerの場合は、WebP変換という箇所にチェックを入れるだけで、未対応ブラウザにも対応が可能になります。

対応ブラウザで閲覧した時にはWebP画像を表示、非対応の場合は元画像を表示という切り分けが自動で行えます。

これはかなり画期的な仕組みになりますので、まずはバックアップを取って試してみると良いでしょう。

WebP変換をした場合は各ブラウザで表示されるかテストをしましょう。

ジャス㌧

基本的な設定が出来たらOKだとん

画像圧縮を行う方法

初期設定が終わったところで、次は画像圧縮のやり方について解説します。

今からアップロードする画像を圧縮

EWWW Image Optimizerの設定が終わったあと、新規で画像をアップする際は自動で圧縮が行われますので、特に必要な作業はありません。

画像が実際に圧縮されているのかどうかの確認はメディアライブラリで行えます。

すでにアップロード済みの画像を圧縮

次は、過去にアップロードした画像を圧縮する方法についてです。

すでにワードプレスにある画像については、「メディア」→「一括最適化」をクリックします。

その後の画面で、「最適化されていない画像をスキャンする」というボタンをクリックします。

クリックをして数秒たつと、現在最適化されていない画像の数が表示されますので、最適化ボタンをクリックしましょう。

数秒待つと圧縮が完了します。

作業としてはたったこれだけです。初心者の方も簡単にできるでしょう。

画像圧縮はブログ運営にとって非常に重要ですので、すぐに行なってみましょう。

その他のツールで圧縮

ちなみに、EWWW Image Optimizerは簡単に画像を圧縮できるのですが、その圧縮率は高い訳ではありません。

ウェブ上には様々な画像圧縮ツールがあるのですが、正直そちらで行なった方が圧縮率は圧倒的に高いです。

その代わり手間がかかりますが、特に容量の大きい画像を数点圧縮するのであれば、外部のツールを使った方が良いです。

オススメは、tinypngというサイトになります。

パンダのキャラクターが特徴的なこのサイトですが、画像の圧縮率が非常に高く、評判も良いのでオススメです。

もちろん無料で使用することができますので、ブックマークしておいて損はないでしょう。

EWWW Image Optimizerは圧縮率はそこそこで作業が楽

tinypngは圧縮率は高いが作業が大変

このポイントを覚えておけば、使いわけができると思います。

画像圧縮にぜひ活用してみてください。

ジャス㌧

バッチリ圧縮してスッキリだプゥ〜♪