SEO対策

バズるブログ記事とは?SNSで拡散させ莫大なアクセスを集める方法を解説

ジャス㌧

この記事では、ブログ記事をSNSで拡散させる方法について解説しているとん

ブログをこれから運用していく方や、いま運用中の方は、ブログにアクセスを集める方法について模索していると思います。

このブログでも解説していますが、ブログにアクセスを集める基本はSEO対策です。

SEO対策については、こちらの記事でも解説をしていますので、SEOについて学びたい方は、まずはこちらの記事をご確認ください。

そして、ブログにアクセスを集める方法として、SEO以外に、SNSからの誘導という手法が存在しています。

今の時代、情報を探す場所は、検索からSNSへ需要が移動しており、ネット上でビジネスを行う上では、SNSは非常に重要な役割を担っています。

SNSで記事が拡散されることで、検索では到底成し遂げることができない、莫大なアクセスが見込めますので、この記事の内容を参考に、SNSの運用も頑張ってみましょう。

ブログ記事がSNSで拡散されるメリット

ジャス㌧

ブログ記事がSNSで拡散されるメリットはなんだぷう?

まずはじめに、ブログ記事がSNSで拡散されるメリットについてまとめていきます。

  • アクセスがアップする
  • ブランディング効果が上がる
  • フォロワーが増える
  • SEOに好影響をもたらす

アクセスがアップする

まず、当然ですがSNSで記事が拡散されると、アクセスが爆発的に増加します。

アクセスが増加すれば、広告が見られる機会も増えて、ブログの収益も上がるでしょう。

また、アクセスが上がれば、他記事を見られる可能性も上がります。

そうなると直帰率が上がったりもしますし、サイトの滞在時間が上がる可能性もあります。

ブログはアクセスが多いに越したことがありませんので、拡散されることは大きなメリットになるでしょう。

ブランディング効果が上がる

そして次に、ブログが拡散されれば、ブログ主のブランディング効果が上がります。

拡散されるようなブログを書いている人は凄い人という風に見られますので、ブランディング効果が絶大です。

その一部が、ファンになったりしてブログにリピートしてくれることもあります。

リピーターが増えれば、ブログのアクセスが以前よりも安定的に右肩上がりになるでしょう。

拡散が収束した後、今までのアクセス数に戻ってしまったら正直勿体無いですよね?

ですが、しっかりとした情報をブログに記載すれば、拡散で得たアクセスを無駄にせず、今後のアクセスアップに活用することができます。

フォロワーが増える

例えばツイッターで記事が拡散されれば、ブログ主、ツイート主のプロフィールページへのアクセス数が莫大に上がります。

ためになる記事を書いている人は、今後も有益な情報を発信してくれる可能性がありますので、SNSのアカウントもフォローしてくれる可能性が高まります。

そうなると、次に出した記事にもアクセスを集めやすくなり、今後ツイートする内容もすぐに拡散される可能性が高まります。

ブログ記事をSNSに拡散されるために、自分のフォロワー数を集めて初速をつけることも重要ですので、一度拡散が上手くいけば、良い循環が生まれます。

なので、ブログ記事をSNSで拡散させたい場合は、SNSアカウントの育成にも力を入れていきましょう。

SEOに好影響をもたらす

そして、それらの良い効果は、最終的にSEOにも良い影響をもたらします。

よくSNSで拡散をされれば、被リンクが多く獲得できるので、SEOに効果があると言われていますが、実はこれは誤りです。

SNSからの外部リンクには、被リンクの効果を与えない設定になっていますので、被リンクの増加によって、直接的にSEO効果は見込めません。

ですが、ブログにアクセスが一気に集まることによって、クローラーに見つけてもらいやすくなりますし、ページの評価も上がります。

先ほど記載した、ブログの直帰率や滞在時間も同時にあげることができ、ブログのドメイン自体がどんどん強くなっていきます。

しかも、記事の拡散が落ち着いた後でも、記事自体の力が上がり、検索順位が上がっていることがあります。

そうなると、拡散後も安定的なアクセスを継続的に得ることができ、それを繰り返していけば、かなり強いブログが出来上がります。

なので、ブログ記事をSNSで拡散させるメリットは非常に大きいのです。

ジャス㌧

ブログが拡散されれば、いいことばかりだとん

ブログと相性が良いSNS

ジャス㌧

ブログを拡散させやすいSNSってなんだぷう?

続いて、ブログを拡散させやすいSNSについて解説していきます。

世の中にはSNSがたくさんありますが、ブログと相性の良いSNSを攻略すれば、さらに拡散を生みやすくなります。

今からブログと相性の良いSNSを紹介しますので、なるべくアカウント登録をして運用してみましょう。

ツイッター

拡散といったらツイッターが代表でしょう。

ツイッターには元々、リツイートという拡散をするための機能がついており、ユーザーが気軽に拡散をできる環境が整っています。

もはや文化として、拡散が根付いていますので、拡散されやすい記事を書くことによって、大きな成功を収めることができる可能性が広がります。

また、意外と知らない方も多いですが、ツイッターはリツイートではなく、いいねをされた時も拡散効果を得ることが可能です。

〇〇さんがいいねしました

という表記と共に、該当のツイートが表示されますので、リツイートと同じような効果を得ることも可能です。

リツイートをしてもらうには、それなりのハードルがありますが、いいねは気軽にしてもらえることが多いです。

なので、ツイッターでは拡散をされるハードルが非常に低く、ブログにアクセスを集める上で、大きな力になるSNSになります。

ジャス㌧

ジャス㌧のTwitterもフォローしてくれると嬉しいとん♪
ジャス㌧のTwitter

フェイスブック

続いて、ツイッターの次に拡散力があるのがフェイスブックです。

フェイスブックにも、シェアという拡散機能が標準で搭載されています。

リツイートほど使っている人はいませんが、気に入った投稿をシェアするという文化がありますので、ためになる記事を投稿すれば、シェアされる可能性もあります。

フェイスブックはツイッターとは違う雰囲気ですので、フェイスブック特有の空気を掴んで投稿をする必要がありますが、依然としてフェイスブックは巨大なSNSですので、ブログのアクセスアップに大きな影響をもたらします。

なので、Facebookもなるべく利用してみるようにしましょう。

ジャス㌧

ジャス㌧のFacebookもチェックするぶう
ジャス㌧のFacebook

ユーチューブ

続いてはYouTubeです。

上記のSNSとはちょっと違うかもしれませんが、ユーチューブとブログの相性も非常に良いです。

やり方としては2パターンあります。

  • 動画の内容をまとめた記事に誘導
  • 動画で答えを出さずにブログに誘導

基本的に、動画と連動したブログ記事を投稿することによって、ユーチューブとブログの両方を成長させることが可能です。

一番メジャーなやり方は、動画で解説している内容と連動したブログ記事に誘導するパターンです。

情報を求めている人の中には、動画で学びたい人と文章で学びたい人が存在しています。

そんな方のために、ブログ記事で要点をわかりやすくまとめたページを作れば、多くのアクセスをブログに流すことが可能になるでしょう。

そして、もう一つのやり方は上級編ですが、動画の中では核心に触れず、続きはブログでというやり方です。

ただ、このやり方は、出す情報と出さない情報を上手く分ける必要があります。

動画の中である程度情報を出さないと、動画の視聴満足度に影響が出てしまいます。

なので、動画の中である程度情報は出しつつ、プラスαのさらに興味をそそられる情報をブログに書く必要があります。

こちらは上級編ですが、上手くいけばかなり化けるやり方になりますので、将来的に取り組むこともご検討ください。

LINE公式アカウント

お次は、いわゆる LINE@を使う方法になります。

LINEの特徴は、多くの方が使っているメッセージングアプリなので、記事更新のお知らせを最速で届けることが出来るという点です。

通知をすぐに飛ばして、ブログにアクセスを集めれば、クローラーに見つかりやすい記事になりますし、その分インデックスが早まる可能性も高くなります。

しかも、LINEにはタイムラインという機能があって、そこには投稿をシェアする機能が標準でついています。

ブログ記事をシェアした投稿がいいねされるだけで、他ユーザーへ拡散されますので、こちらも非常に便利です。

速達性と拡散性を両方兼ね備えたアプリなので、有効活用すれば最強です。

ただ、難点としては、LINEの登録者を増やさなければいけないので、その点は別で頑張るしかないです。

ジャス㌧

SNSはなるべく頑張って運用するとん

SNSを意識したブログ記事を構築

ブログと相性が良いSNSについて理解した上で、続いては、SNSとの連携を意識したブログ構築をしていきましょう。

SNSとの一切の連携をしていないブログよりも、できうる施策を行なったブログの方が、圧倒的に拡散される確率は高まります。

簡単なことですので、まずはSNS連動を意識したブログのカスタマイズから行なっていきましょう。

SNSへのシェアボタンを設置する

まず基本ですが、ブログ記事には各SNSへのシェアボタンを設置しましょう。

シェアボタンはこういうボタンです。

もしこのボタンがなかった場合、ユーザーが記事をシェアしたいと思っても、気軽に記事を拡散することができません。

ボタンなしに記事をシェアしようと思ったら、記事のURLをコピーして、各SNSに投稿する必要があり、非常に手間です。

パソコンだったらまだマシですが、スマホだった場合はもっと絶望的です。

わざわざそんな手間を使って記事を拡散してくれることはほぼありませんので、シェアボタンは必須と言えるでしょう。

このシェアボタンについては、今ほとんどのテーマで標準搭載されています。

なので、お使いのテーマのカスタマイズ項目から追加してみましょう。

ちなみに、オススメのテーマはこちらの記事でご確認ください。

プラグインで自動投稿する

続いて、プラグインを使用して、記事の更新を自動でSNSに投稿出来るようにしましょう。

ブログ記事を新たに更新した際、真っ先に行うことは、いち早く他のSNSで更新をお知らせすることです。

その操作を手動で行うには、少々手間がかかりますので、ブログ記事の公開と同時に、自動でSNSへ投稿することをオススメします。

そんな便利な機能を付け加えることが出来るのが、プラグインという拡張機能です。

代表的なプラグインとして、Jetpackというプラグインがあります。

このプラグインがあれば、記事の投稿時に一つ設定をするだけで、瞬時にSNSへ投稿を行えますので、試してみましょう。

OGP設定を行う

そして、意外と見逃されがちなのが、OGP設定です。

OGP設定はブログ記事がSNSでシェアされた際の見た目を変える設定

具体的にはこのようなイメージです。

ブログの直帰率とは?高い原因と下げるための改善方法5選 重要な指標である”直帰率”について分かりやすく解説したとん♪ #直帰率 #SEO #ブログ #ブログ初心者 #滞在時間https://justsv.com/seo/bounce/

ジャストサーバさんの投稿 2020年7月15日水曜日

ツイッターやフェイスブックに記事のURLを貼ると、自動的にサムネイルやタイトルが綺麗に表示されます。

ただ、このOGP設定は、何もしていない状態だと、上手く表示されないことがあります。

設定によっては、サムネイルのサイズが小さかったりするので、一番目立つスタイルのOGP設定をする必要があります。

このOGP設定は、基本的に各テーマの設定で出来ることがほとんどですし、プラグインもあるので、比較的簡単に設定できます。

なので、まずは自分の記事をツイッターやフェイスブックに投稿してみて、表示を確認してから、設定を行なってみましょう。

ジャス㌧

拡散されやすいブログを作るとん

拡散されやすい記事の特徴

  • 役に立つ記事内容
  • 釣られてしまう記事タイトル、サムネ
  • 人に教えたくなる内容
  • トレンドネタ速報
  • フォロワーが多いブロガーの記事

ブログ記事を拡散すれば、多くのアクセスが集まるのですが、一番の問題は、どんな記事が拡散されるのか?という点だと思います。

こちらについては、もちろん正解はなく、拡散されている事例から学び、チャレンジを繰り返すしかないです。

なので、一般的に言われている、拡散されやすい記事の特徴についてまとめてみましたので、参考にしてください。

よく言われているのが、ユーザーの役に立つ有益な記事です。

結局のところ、SEOでもSNS拡散でも、やることの本質は同じで、クオリティの高い情報を記事にまとめるという点に収まります。

また、人に教えたくなるような情報というのも重要な点ですね。

そして、拡散されやすいように、記事タイトルとサムネで興味を引かせる必要があります。

いわゆる釣りを行うことになりますが、いかにユーザーの心を釣って、ブログにアクセスをさせるのかの世界ですので、ここを極めれば何をしても稼げます。

ただしやりすぎには注意

さらにいうと、トレンド系の速報記事は、情報が早ければ早いほど拡散されやすいです。

一番顕著なのが、ニュースサイトの速報記事です。

ユーザーがその記事で初めてその事実を知れば、それを誰かに教えたいという欲が湧きます。

なるべく新鮮でインパクトのあるトレンドネタを、いかに早く記事にまとめてSNSに投稿するのかがカギになりますね。

そして、リサーチをしていると、何でこの記事がこんなに拡散されているのか、理由がわからないツイートがあります。

その場合、単に発信者のフォロワーが多いだけの場合があります。

単純に母数が多ければ、特に理由もなくいいねやRTがつきますから、そういった理由で拡散されていることも視野に入れておきましょう。

ジャス㌧

バズる記事は経験を積んで作れるようになるとん

ブログ記事をSNSで拡散する方法

さて、今までSNSでブログ記事を拡散させる方法について解説してきましたが、どのようなことを行えばブログ記事を拡散させやすいのかについて、ここで解説していきます。

ブログ記事をSNSで拡散させる方法
  • 補足情報を追記する
  • 利用者の多い時間に投稿する
  • 〜ならRT、〜ならいいね!
  • 拡散することへのメリットを与える
  • インフルエンサーにRT依頼をする
  • 広告を回して強制的に拡散させる

補足情報を追記する

ツイッターやフェイスブックにブログ記事を掲載した際、そのリプ欄に補足情報を付け加える方法があります。

そうすることによって、追記をするたびに、元の投稿がユーザーのフィードに再び上がってきます。

単純に、SNS投稿のインプレッションが上がりますので、拡散される可能性が高まります。

また、積極的に情報を発信している姿もアピールすることができますので、それも高い効果となります。

利用者の多い時間に投稿する

利用者の多い時間に投稿するのは、基本中の基本です。

いわゆる、ゴールデンタイムに記事を公開し、SNSへ投稿するのが良いでしょう。

18時〜21時くらいがオススメ

単純にSNSを開いているユーザーが多いため、投稿をみられる可能性が上がります。

〜ならRT、〜ならいいね!

このやり方もかなり典型的なやり方になります。

例えば、

記事の内容を知っていたらRT
知らなかったらいいね

というように、ユーザーに選択肢を与えて、アンケートの回答のように使うやり方になります。

必ずどちらかに該当するようにすれば、それだけで反応率が上がるでしょう。

そこから拡散が広がって、バズることも十分ありえますので、一度試してみてください。

アクションを促すことが重要

SNSでの拡散を行う上で、ユーザーにアクションを促すことが重要です。

もちろん、自然に拡散が生まれることも良いのですが、ユーザーはそう簡単に思い通りに動いてくれません。

なので、「RTお願いします」のような、アクションを促す文面を加えるのが、もっと簡単なやり方になります。

チャンネル登録やフォローでも同じですので、アクションを促す文面は常に入れておきましょう。

拡散することへのメリットを与える

次に、ユーザーが拡散することへのメリットを与える方法です。

一時期かなり流行っていた方法ですが、

フォロー&RTで現金プレゼント

のように、RTすることでメリットを与える手法が最強です。

現金は流石にやりすぎですが、プレゼント企画を兼ねたやり方にすれば、それだけで反応率が上がりますので、ぜひ試してみてください。

インフルエンサーにRT依頼をする

より効率よく拡散をさせるためには、フォロワー数が多いユーザーにRTしてもらうことが重要です。

その上で、インフルエンサーに上手くRTしてもらえれば、それだけで拡散が生まれます。

日頃からコンタクトをとって、気に入ってもらう方法もありますし、お金を払って拡散してもらう方法もありますので、インフルエンサーを意識して行動をしていきましょう。

広告を回して強制的に拡散させる

最後に、広告を回して拡散させる方法が、実は一番簡単だったりします。

広告を回せば、強制的に表示数が増えますので、いいねやRTがどんどんつきます。

多少の予算は必要ですが、どうしても拡散したい記事があったら、ツイッター広告やフェイスブック広告を活用するのが良いでしょう。

ジャス㌧

上記の施策を行なって、ブログ記事をバズらせるとん

最後に

拡散というのは、運もありますし、簡単にはできません。

なので、日頃から意識をして、拡散が生まれるまで、諦めずに色々なチャレンジをしていきましょう。

ジャス㌧

バズるまで諦めずにチャレンジするとん