収益化ノウハウ

誰でも作れる!売れるキャッチコピーの法則を解説【事例あります】

ジャス㌧

この記事では売れるキャッチコピーの法則や事例について解説しているとん

世の中はキャッチコピーで溢れています。

町中には無数の広告があり、そういった広告類には必ず、目を引くためのキャッチコピーが使われています。

ここで重要なのは、そのような広告をしっかり見て分析しているかどうかです。

特にネットビジネスで稼ごうとしている方は、他社のテクニックを真似て学んでいく必要があります。

さらにブログの世界は文字がメインですので、キャッチコピーやコピーライティングといった文章のテクニックがより重要です。

ですので、日頃から色々なキャッチコピーを見て分析し、自分のフレーズの引き出しを増やしていきましょう。

多くのライターは、その引き出しの中から使えそうなフレーズをピックアップして応用しているのです。

ですので、これからは街にあるキャッチコピーを意識して見るようにしましょう。

今回は売れるキャッチコピーの法則について解説していきます。

キャッチコピーとは?

ジャス㌧

キャッチコピーってそもそもなんだぷう?

キャッチコピーとは、人々の興味を引くための宣伝文句のことを言います。

商品サービスを売るためには、このキャッチコピーは欠かせません。

広告にしても自社の公式サイトやSNSにしても、何かしら人々の記憶に残る工夫をしないと、すぐに埋もれてしまいます。

キャッチコピーはその場ですぐに購入してもらうというよりは、人の記憶に留めておいて、後からでも継続的に購入してもらうためのものというイメージです。

一度強烈なキャッチコピーをユーザーに覚えてもらえば、〇〇の商品なら〇〇というように後で思い出してくれる可能性が高いです。

企業の業績を大きく左右するくらい重要なものですので、今後ネットビジネスで稼ぎたい場合は、キャッチコピーを意識しておきましょう。

特に個人でインフルエンサーを目指すのであれば、自分を表すキャッチコピーも考えておいた方が良いです。

「〇〇の革命児」

みたいなベタなものから、独特なキャッチコピーまで様々ありますので、とにかくインパクトのあるキャッチコピーがおすすめです。

キャッチコピーの重要性

そんなキャッチコピーですが、ビジネスでどれくらい重要なのかについて解説したいと思います。

まず、キャッチコピーは、ネットビジネスを行う上でこのような2項目に対して有効になっていきます。

  • クリック率
  • 認知度

クリック率

まずクリック率が圧倒的に変わります。

これは簡単に想像できると思いますが、なんの変哲もないことが書かれた広告よりも、気になる文章が書いてある広告の方がクリックしたくなりますよね?

なので、キャッチコピーは広告のクリック率に大きな影響を与えます。

そしてこれが電車内の広告でしたら、人々の記憶に残る確率が変わります。

それが後に大きな差になってきますので、何かを宣伝する際はキャッチコピーに気を配りましょう。

認知度

続いては認知度です。

キャッチコピーは、その企業そのもののイメージになったり、商品のイメージとして定着します。

ですので、上手いキャッチコピーを世に出すことができたら、それだけで認知度が上がります。

SNSでうまく拡散されれば、広告費をかけなくても勝手に広がっていきますので、今後の売れ行きに大きく左右するでしょう。

また、ここで商品のイメージをうまく伝えることができたら、難しいセールスを行わなくても、イメージだけで勝手に商品が売れてしまうこともあります。

逆に悪いイメージがついてしまったらそれを払拭するのは難しいので、キャッチコピーを作る際は、次の下準備が大切になります。

ジャス㌧

印象をめちゃくちゃ左右するトンね

キャッチコピー作成の下準備

キャッチコピーを作成する際は、最低限以下の2つの情報をまとめておきましょう。

  1. 何を伝えるのか
  2. 誰に伝えるのか

何を伝えるのか

まずは何を伝えるのかという点です。

キャッチコピーにも色々あり、

価格の安さ
商品の使いやすさ
商品のイメージ

など何を伝えたいのかが重要になります。

一度に全てを伝えるのは難しいので、どれかに絞る必要があります。

「象に踏まれても壊れない」

というコピーの商品がありますが、それは商品の耐久性を前面に押している形になりますね。

このように「商品の何を伝えたいのか」がベースになりますので、まずはそこを決めましょう。

誰に伝えるのか

続いては誰に伝えるのかという点です。

これはビジネスの基本であるペルソナ設定になります。

若者に伝えるのか、高齢者に伝えるのかでは、使用する言葉も変わってきますよね。

なので商品を販売する前に、誰に伝えるのかという情報も決定しておきましょう。

売れるキャッチコピーの要素

ジャス㌧

売れるキャッチコピーの要素について知りたいぷう

続いては、売れるキャッチコピーの要素について解説していきます。

売れているキャッチコピーにはいくつかの要素がありますので、それらを意識しながら作っていきましょう。

ポイントは以下の9点です。

  • 短いフレーズ
  • 倒置法
  • ベネフィット
  • 結果の早さ
  • 使いやすさ
  • 価格の安さ
  • 実績
  • 権威性
  • 緊急限定性

短いフレーズ

まず、売れているキャッチコピーは短いフレーズが多いです。

短ければ短いほど記憶に残りやすくスマートです。

ただ、短いフレーズはその分表現の幅が狭くなりますので、作るのが相当難しいでしょう。

それでも一言で言えるくらいのフレーズでないと、キャッチコピーとしては収まりが悪いので、なるべく一息で言えるようなフレーズを心がけていきましょう。

俺か俺以外か

倒置法

続いては倒置法です。

倒置法とは、本来の日本語の文章の前後を逆にすることによって、語句を強調する手法です。

「宇宙へ飛べ」よりも「飛べ 宇宙へ」

の方が印象に残りやすくなりますよね?

キャッチコピーでは倒置法がかなり使われますので、難しい方はとりあえずこの方法を使えばそれらしくなります。

ベネフィット

続いてはベネフィットになります。

ベネフィットとは、商品を手にすることでどのような未来があるのかを伝えることを意味します。

これは商品によりますが、結果的に商品を手にしてユーザーがどうなりたいのかを表現すると良いでしょう。

例えばダイエット系の商品でしたら、ほとんどの方はモテたいから痩せたいと思っているはずです。

なのでキャッチコピーには、痩せるという表現を使うのも大切ですが、モテることを意味するフレーズを使うと、よりベネフィットを感じやすくなります。

結果の早さ

続いては結果の早さです。

基本的にユーザーは、結果の早さを求めます。

何をするにしても結果が早い方が好まれますので、キャッチコピーで結果の早さを伝えるのが良いでしょう。

秒速で手に入れる〇〇

のようなフレーズも有効ですね。

使いやすさ

5点目は使いやすさです。

ユーザーは難しい商品をとにかく嫌います。

なので使いやすさをアピールすることによって、良いイメージを付けやすくなります。

小学生でも扱える〇〇

というフレーズですと、誰でもできそうな気がしますよね。

簡単さをアピールするのであれば、このような工夫をしていきましょう。

価格の安さ

続いては価格の安さです。

当然ながらユーザーは価格の安さを求めます。

なので価格が安いことをアピールするのが最も手っ取り早いでしょう。

ワンコイン〇〇
無料で始める〇〇

というフレーズがよく使われています。

迷ったら価格の安さ、リスクの低さをアピールすることをお勧めします。

実績

続いては実績です。

商品の実績があるとユーザーに安心感を与え、商品の購入につながる可能性が高まります。

「全米が泣いた」

というフレーズもある意味実績を表しているでしょう。

医者も認めた〇〇

日本一売れている〇〇

のようなフレーズも要素としてお勧めです。

権威性

続いては権威性です。

権威性はその商品やサービスの信用を表す部分です。

現役医師が監修

東大合格率1位の元講師が教える暗記法

権威性については実績とセットで使われることが多いですね。

緊急限定性

次に緊急性、限定性についてです。

これは今すぐ買わないと手に入りづらいという状況を表す内容になります。

月5本限定生産の〇〇

5分で売り切れる〇〇

のようなフレーズがよく使われますね。

緊急性や限定性もこの世界でよく使われますので、迷ったら利用していきましょう。

売れるキャッチコピーのコツ

ジャス㌧

売れるキャッチコピーを作るコツが知りたいぷう

以上の要素をベースに、どのように売れるキャッチコピーを作っていけばいいのかについて、そのコツを8点紹介していきます。

  • 恐怖や不安を煽る
  • 具体的な数字を出す
  • 好奇心を煽る
  • ノウハウを伝える
  • 人気をアピール
  • 擬音を使う
  • ギャップを利用する
  • 最後まで語らない

恐怖や不安を煽る

まずは恐怖や不安を煽るという点です。

これはよく使われる方法なのですが、ユーザーの不安を利用して、商品に誘導する方法です。

例えばダイエット系でしたら、このまま太っていたら将来どんな病気になってしまうのかという事実を提示します。

悩みによって、起こりうる最大のリスクというのはありますので、それらを示唆することでキャッチコピーが強烈なものになりますので、意識しておきましょう。

具体的な数字を出す

続いては具体的な数字を出すという点です。

基本的にこれらのフレーズは、数字をしっかりと出した方がいいです。

その方がユーザーがイメージしやすいので、何かを表現する際は、必ず具体的な数字を出して表現するようにしましょう。

抽象的な表現は一番ユーザーに嫌われます。

ユーザーは具体性を求めているということを忘れないようにしましょう。

好奇心を煽る

続いては好奇心を煽るという点です。

こちらは高度なテクニックですが、ユーザーが続きを読みたいと思える内容をキャッチコピーにすることによって、クリック率を上げることが可能です。

まだ誰も知らない〇〇の真実

のような、つい知りたくなってしまうようなフレーズもお勧めです。

ノウハウを伝える

続いてはノウハウを伝えるという点です。

これは好奇心を煽る点と似ていますが、ユーザーはノウハウ系のコピーを見ると、興味が出てつい知りたくなってしまうものです。

なので、コピーをつける際は、〇〇法というフレーズを使うことをお勧めします。

人気をアピール

5点目の人気については、実績や権威性に少し似ています。

地域で一番人気であることを表現したり、クチコミの評価が高いことをアピールしたりと、とにかく人気をアピールすることが重要です。

ユーザーは人気が高いというだけで、それが凄いサービスであると認識してくれます。

擬音を使う

擬音を使うというテクニックもよく見られますね。

グングンという単語が一番見かけます。

グングン痩せる

このようなカタカナで表現する擬音は、ユーザーの視線を集めるだけでなく頭にも残りやすいので、使ってみると面白いと思います。

ギャップを利用する

続いてはギャップを利用するというやり方です。

これは常識と反対のことをフレーズで表現していきます。

食べるダイエット

というのが一番わかりやすいギャップになります。

世間が思っていることとは真逆のことを表現することによって、ユーザーの興味を引くことが可能になりますので、こちらも試してみましょう。

最後まで語らない

続いては最後まで語らないという手法です。

これも高度なテクニックですが、上手く刺されば強烈なコピーに仕上がります。

友達に連れられて入ったとあるお店。そこで私が見たものは。。。

色々な商品に応用するのが難しいですが、最後まで語らず、続きが気になるようにするテクニックになります。

ユーザーの知りたい情報と合致すれば、相当効果がありますので、チャレンジしてみても良いですね。

反応の高いキャッチコピーの事例

ジャス㌧

キャッチコピーの事例を教えてほしいぷう

最後に、キャッチコピーの事例について有名なものを紹介したいと思います。

こういうフレーズは真似するとすぐにパクリだとバレますが、応用性のあるフレーズも多いので、参考にしていきましょう。

そうだ 京都、行こう。

これはJR東海が行なっている京都の観光プロモーションです。

自然にユーザーに行動を促すフレーズですね。

やめられない、とまらない

カルビーのかっぱえびせんのフレーズです。

手が止まらないくらい、美味しくて熱中してしまうことが伝わるフレーズです。

すぐおいしい、すごくおいしい。

チキンラーメンのフレーズです。

すぐに調理することができる手軽さと美味しさをまとめたシンプルなフレーズですが、チキンラーメンの良さが詰まっているので、優秀なコピーと言えますね。

ココロも満タンに

コスモ石油のフレーズです。

ガソリンだけではなく、ドライバーの心も満たせるという、サービスの良さが伝わるフレーズです。

お、ねだん以上。(お値段以上)

ニトリのフレーズです。

値段以上の商品サービスがあることがわかるフレーズですので、こちらも短くて伝わりやすいキャッチコピーです。

俺か俺以外か

これはホスト界の帝王であるローランド氏が発した一番有名なフレーズです。

世の中の男は2種類しかいない。俺か俺以外か」というフレーズには、自分が唯一無二の存在であるということを、短いフレーズで表現できているので、天才的なコピーだと思います。

応用性もありますので、迷ったら使ってみるのも面白いと思います。

ジャス㌧

よーし、早速いいキャッチコピーを考えてみるトン!