収益化ノウハウ

「儲かるブログ」に必要な“PV数”は?収益に繋げるコツを紹介

ジャス㌧

この記事ではブログのPV数と収益額の関係性について解説しています。

初心者ブロガーの方は、ブログのアクセスを増やすために日々努力していると思います。

そんなブロガーの気になるポイントは、「どれくらいのアクセス数でどれくらいの報酬を稼ぐことが出来るのか?」という点ではないでしょうか。

モチベーションを保つためにも、アクセス数と報酬額の関係はどうしても気になってしまいますよね。

自分のブログは、アクセス数に対してどれだけ稼げているのか?
それは平均的に見て上の方なのか?

そんな疑問を持つ方が多いと思いますので、今回はブログのアクセス数と収益額の目安について解説したいと思います。

ブログのキャッシュポイントと稼ぎやすさについて

ジャス㌧

ブログのキャッシュポイントについてまずは教えて欲しいぷう

ブログのPV数と報酬額について解説する前に、まずはブログのキャッシュポイントについておさらいしたいと思います。

当然ですが、ブログはただ記事を書いてるだけでは報酬は発生しません。

ブログというのはただのページですので、キャッシュポイントを設置しなければいくらアクセスを稼いだとしても報酬は0円のままです。

ブログには様々なキャッシュポイントが存在しています。

初心者の多くは、はじめにグーグルアドセンスというクリック型広告を利用すると思いますし、他にもその他のASPを利用してアフィリエイトを行うのが一般的でしょう。

しかし、ブログのキャッシュポイントはまだまだあります。

まずはキャッシュポイントの紹介と、それぞれPVに対する稼ぎやすさについて解説したいと思います。

ブログのキャッシュポイントとして主に以下の6点が挙げられます。

  • グーグルアドセンス
  • アフィリエイト広告
  • オンラインサロン
  • 学習教材
  • コンサルティング
  • 独自商品サービス

グーグルアドセンス

グーグルアドセンスは、多くのブログ初心者が一番はじめに取り入れるASPでしょう。

アドセンスはクリック型の広告で、ユーザーの趣味趣向に合わせて自動で広告が切り替わります。

そのため商品選定を行う手間がなく、初心者ブロガーでも手軽に導入出来るASPと言えます。

収益を増やすためにブロガーが行うこととしては、基本的には、ただひたすらブログのPVを増やすことです。

広告は一定の確率でクリックされていきますので、PVを増やせば増やすほどクリックされる数も増え、どんどん報酬が上がっていくという仕組みになります。

クリックされやすい仕組みを導入するなど他の戦略もありますが、基本的にはPVを稼ぐしかありません。

やるべきことがシンプルで良い反面、収益額をなかなか上げにくいという難点もあります。

クリックだけで報酬が発生する広告ですので、当然ながら1クリック当たりの単価は非常に安いです。

そのためその他のキャッシュポイントに比べてPVに対する報酬率がもっとも低くなります。

ジャス㌧

簡単でシンプルな広告な分、そういったデメリットもあるということを覚えておくとん

アフィリエイト広告

一般的なASPを利用し、様々な企業の商品サービスを紹介するアフィリエイトがもっともメジャーなキャッシュポイントになります。

今の時代、ほとんどのサービスはアフィリエイト出来るようになっており、アフィリエイト出来ない商品を探す方が難しくなっています。

それくらいキャッシュポイントで溢れていますので、どんなジャンルで行なっていたとしても、キャッシュポイントに困ることはないでしょう。

そして、肝心の稼ぎやすさについては、クリック型広告よりも効率は良いです。

もちろんアフィリエイトの腕前にも左右されますが、広告の単価が数千円〜高いものですと一件数万円の案件もあります。

例えばFX口座の案件ですと、DMMFXの場合、なんと一件3万円の報酬を貰うことが可能です。

このように、アフィリエイト案件には報酬額の高い案件がいくつもありますので、クリック型の広告よりも収益効率は高くなります。

アドセンスの次のステップとしてチャレンジしてみましょう。

こちらの記事では初心者におすすめのASPを紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

オンラインサロン

オンラインサロンの運営もキャッシュポイントになります。

オンラインサロンはここ最近流行っている、情報ビジネスの一種です。

ネット上のコミュニティのようなものを作って、月額会員制で料金をとっていく仕組みになります。

平均的には月に3千円程度のサロンが多く、高い場合ですと月額1万円以上するところもあります。

オンラインサロンの場合、即金で数万円というよりも、長期的に安定的な収益が出るビジネスモデルになります。

コンテンツを提供し続けるという手間はありますが、一度入会した人が何回も課金を行なってくれますので、オンラインサロンは長期的に効率の良いキャッシュポイントと言えます。

ファンを獲得出来た暁には、是非ともオンラインサロンを立ち上げてキャッシュポイントを作っていただきたいですね。

学習教材

ここ最近ではnoteやBrainといった、ネット上で自分のノウハウを販売するプラットフォームが流行っています。

自分がブログで稼いだ方法でも良いですし、その他のノウハウもそういったプラットフォームで販売することが可能です。

また、それらのプラットフォームを使用しなくても、ひと昔前にあったようなPDFでの販売や独自の会員サイトを構築して行う方法でも十分です。

特に今の世の中、お金を稼ぐ方法について知りたい人が非常に多いです。

そういった方達のために、自分が稼げた経験をシェアしてお金を稼ぐのも、非常に効率が良いです。

こういった情報系ビジネスの最大のメリットは原価がかからないという点です。

収益性が非常に高いので、最終的に目指して欲しい部分でもあります。

ジャス㌧

何かに特化したノウハウがある人にオススメとん!

コンサルティング

ブログからコンサルティングサービスへ繋げるという事例も増えています。

上記の学習教材の延長で、実際にマンツーマンでノウハウを教えてあげるというサービスは、単価も収益効率も非常に高いです。

実際にサービスを提供するという手間はありますが、時給換算10万円なんてことも可能ですので、こちらについても実績がついたら行なってみても良いと思います。

独自商品サービス

最後になりますが、自身が行なっている独自の商品サービスを販売するという手法もよく見られます。

このブログも、ジャストサーバーという独自のサービスを販売することを一つのキャッシュポイントにしています。

このように、元々他で行なっていたサービスを売るためにブログを始めた方もいると思いますので、独自の商品を売るというキャッシュポイントも覚えておきましょう。

こちらについては、商品の価格にもよりますが、他人の商品を紹介するよりかは利益率が良いでしょう。

自分の商品であれば、自分の取り分が全てになりますので、最終的には自分の商品を持ってそれを売って稼ぐ立場を目指しましょう。

PV数と報酬額の目安

ジャス㌧

PVと報酬額の目安を教えて欲しいぷう

ではここで、記事のメインテーマである、PV数と報酬額の目安について解説していきたいと思います。

ただ、上記に様々なキャッシュポイントを挙げた通り、稼ぎ方によって収益性はかなり異なります。

また、アフィリエイトのスキルによっても当然変わってきますので、あくまで目安であるということを把握しておいてください。

もしこの数値よりも自身のブログの収益が少なかったとしても、落ち込む必要はありません。

すでにアクセスがあり収益が発生しているのであれば、この先いくらでも伸び代があります。

ブログは運営歴が長いほど、継続すればするほど稼げるようになってきます。

ですので、数値で一喜一憂せずに、長期的に取り組む姿勢でいきましょう。

グーグルアドセンスの場合

まずはグーグルアドセンスの場合です。

アドセンスは、先ほど解説した通り、クリック型の報酬ですので、単価は非常に安いです。

そのため、アクセス数に対しての報酬額は少なめになっています。

こちらがアドセンスの報酬額の目安になります。

  • 月間〜3千PV:数百円〜千円
  • 月間3千PV〜1万PV:千円〜1万円
  • 月間3万PV〜10万PV:1万円〜3万円
  • 月間10万PV〜30万PV:3万円〜10万円
  • 月間30万PV〜100万PV:10万円〜30万円
  • 月間100万PV〜300万PV:30万円〜100万円
  • 月間300万PV〜:100万円〜数百万

アドセンスで稼ぐ場合、例えば月に10万円稼ぐためには、30万PV程度必要になります。

あくまで参考になりますが、これから稼ぐ上での参考にしてください。

アフィリエイト広告の場合

アフィリエイト広告の場合はアドセンスとは違い、報酬効率が格段に上がります。

正直な話、アフィリエイト広告の場合の目安については、紹介する案件の単価によって大きく左右されますので、一概には言えません。

ただ、シンプルにアドセンスの目安報酬額に0を一つ足した数値くらいが目安になります。

アドセンスの10倍程度が主な報酬額の目安になりますので、参考にしてください。

物販アフィリエイトの場合

ちなみにですが、アマゾン、楽天アフィリエイトを行う物販アフィリエイトでは、1PV当たり1円の収益効率になります。

1万PVのブログでは報酬は1万円程度になります。

物販の場合、ユーザーが買った商品購入額の2%程度が報酬になりますので、そこまで高くはありません。

ですので、1PV1円程度の収益効率になっています。

イケハヤ氏の場合

ちなみに、有名ブロガーのイケハヤさんの場合、自身のブログでPVと収益の目安を公開しています。

こちらがイケハヤ氏の収益早見表になります。

1万PV:〜1,000円

5万PV:3,000〜10,000円

10万PV:10,000〜50,000円

20万PV:50,000〜100,000円

30万PV:100,000〜150,000円

40万PV:150,000〜200,000円

50万PV:200,000〜250,000円

100万PV:500,000〜750,000円

150万PV:750,000〜1,250,000円

200万PV:1,000,000〜2,500,000円

250万PV:2,000,000〜3,000,000円

https://www.ikedahayato.com/20151016/41648386.html

概ねアドセンスと同じくらいになりますね。

どんな広告を貼っていたのかは不明ですが、そこまで収益効率は高くないことがわかります。

イケハヤ氏はこの結果について、個人ブログで特定ジャンルを書いていなかったという理由をつけていました。

そして、特定ジャンルの記事を書けば、収益は1桁2桁変わると発言していましたので、概ね見解は同じということになりますね。

こちらも合わせて参考にしてください。

収益性の低いジャンル

実は上記の収益目安の10分の1くらいしか稼げないジャンルが存在しています。

  • 2chまとめ
  • アダルト系
  • ゲーム攻略サイト

これらのジャンルは広告の単価が非常に安く、薄利多売のようなイメージです。

アドセンスを貼れないケースも多く、その場合単価の低いASPを使わざるをえなくなります。

したがって、収益効率はさらに下がりますので、その点は覚えておきましょう。

ジャス㌧

収益効率が低い分たくさん売らないと稼げないとん

顧客リストは資産になる

ブログで稼ぐ収益として、一番イメージしやすいのは現金で入ってくる収入でしょう。

しかし、ブログを運営していると得られるものは、現金の収入だけではありません。

顧客リストやファンという資産を手に入れることも可能なのです。

特にメルマガでリストをとっている方はその価値を簡単に計測することが可能です。

一般的に副業に興味を持っている人たちのメールアドレスは、1件あたり千円程度の価値があります。

一昔前、仮想通貨系のリストは一件3千円という時代もありましたが、基本的なリスト単価は千円前後であることが多いです。

ですので、あなたが100人のメルマガリストを持っている場合、それだけで10万円の資産を持っているのと同じことになります。

ブログでは顧客リストという資産も獲得出来ますので、その点も忘れずに取り組んでいきましょう。

SNSフォロワーの価値

ちなみにSNSのフォロワーの価値も計算することが可能です。

  • Facebook:1いいね100円前後
  • Twitter:1フォロワー100円前後
  • YouTube:1登録者100円前後
  • LINE:1友達50円程度

広告を回してフォロワーを集める場合、平均して100円程度、1フォロワー当たりにかかります。

広告の回し方によっては、50円前後で取れることもありますが、1フォロワーの価値は100円くらいが相場でしょう。

こちらも参考にして、ご自身が持っているデジタル資産を計算してみましょう。

広告単価や成約率の目安

ジャス㌧

広告単価や成約率の目安を知りたいぷう

続いては、広告のクリック単価や広告の成約率について解説したいと思います。

収益予測を立てる上で役に立ちますので、参考にしてください。

クリック型広告のクリック率

主にアドセンスになりますが、アドセンスのクリック率はおよそ0.5%〜1%程度が一般的な数値になります。

1クリックあたり数円〜数十円が報酬の目安ですので、どれくらいのPVでいくら稼げるのか、だいたいイメージが出来ると思います。

広告のクリック率については、掲載する位置によって上げることが可能です。

ただ、基本的に広告は邪魔なものですので、微々たる差しかでないと思いますので、ひたすらPVを上げるしかないでしょう。

アフィリエイト広告の成約率

アフィリエイト広告の成約率は、およそ1%前後になります。

クッションページを挟んだ場合はもう少し成約率が上がることもありますが、基本原則として閲覧者の約1%が商品を購入してくれます。

もちろん成約率を上げるテクニックにもよりますが、このくらいの成約率を目安に、報酬予測を立てていきましょう。

メルマガから有料コンテンツの成約率

ブログから商品を売る場合、メルマガに登録してもらい、そこで教育し商品を販売することもあります。

その場合の成約率についてですが、高額商品の場合はこちらもおよそ1%〜2%程度になります。

低額の商品でしたら、10%〜20%程度出ることも多いです。

こちらも参考にして、いずれはメルマガからの販売にもチャレンジしましょう。

重要なのはPVよりも流入キーワード

この記事ではPVに対する収益額に着目していますが、流入キーワードも非常に重要です。

PVが少なくても、ユーザーの検索にマッチした商品をオファーすることによって成約率を高め、収益効率を高めることも可能です。

ですので、SEO対策をするなら、PVはもちろんのこと、流入キーワードにも着目するようにしましょう。

以上がPV数と収益額の目安の解説でしたが、いかがでしたでしょうか?

これからの目標設定もある程度出来たと思いますので、この記事を参考に頑張っていきましょう。

ジャス㌧

たくさんPVを稼いで収益に繋げるぷぅ〜!